ホームページへの掲載が必要な施設基準について

一般名処方について

 現在、一部の医薬品の供給が不安定な状況が続いています。そのため、当院では、円滑にお薬が受け取れるように、後発医薬品のある医薬品について、一般名処方(お薬をメーカーを問わずに記載すること)を行っております。
 一般名での処方について、ご不明点やご心配事がある場合は、いつでも医師や薬剤師にご相談ください。
 ご理解、ご協力をよろしくお願い致します。

バイオシミラーの使用促進について

 当院は、厚生労働省の方針に従って、バイオシミラーの使用に積極的に取組んでいます。バイオシミラーの採用においては、当院が定める条件(品質確保・十分な情報提供・安定供給)を満たし、有効かつ安全な製品を採用しております。 当院は、厚生労働省の方針に従って、バイオシミラーの使用に積極的に取組んでいます。バイオシミラーの採用においては、当院が定める条件(品質確保・十分な情報提供・安定供給)を満たし、有効かつ安全な製品を採用しております。 バイオシミラーへの変更について、ご理解ご協力をお願いいたします。

※バイオシミラー:バイオテクノロジーを応用して製造されたタンパク質医薬品の後続品です。

後発医薬品(ジェネリック医薬品)の使用促進等について

 当院は、後発医薬品(ジェネリック医薬品)を積極的に使用している医療機関です。   医薬品の供給が不足した場合は、治療計画等を見直し適切に対応いたします。また、医薬品の供給状況によって投与する薬剤を変更する可能性がありますが、その際には十分な説明を行います。

院内トリアージの実施について

 当院では、夜間及び休日の救急外来で診療を行う患者さんに対し、必要に応じて看護師があらかじめ症状を確認し診察の優先度を決める「院内トリアージ」を実施しています。
 このため、診察の順番が前後する場合がありますが、ご了承ください。
 ※院内トリアージとは:救急患者さんの病状を判断し、重症度や緊急度に応じて診療の優先度を決めることです。

医療DX推進体制整備について

 当院では、診療情報を取得・活用することにより質の高い医療の提供に努めています。 マイナ保険証を促進する等、医療DXを通じて医療を提供できるよう取り組んでいます。
 正確な情報を取得・活用するために、マイナンバーカードをご持参いただき、オンライン資格確認等の利用にご協力をお願いいたします。

外来腫瘍化学療法診療料1について

 当院では、化学療法を担当する専任の医師、看護師又は薬剤師が院内に常時1人以上配置されており、当該診療料を算定している患者さんから電話等による緊急の相談等に対して、24時間対応できる体制を整備しています。
 また、患者さんが急変した場合、当院で入院診療を行う体制を整備しています。なお、患者さんへ実施する化学療法のレジメン(治療内容)の妥当性を評価し、承認する委員会を月1回開催しています。

ハイリスク妊産婦共同管理について

 当院は「ハイリスク妊産婦共同管理料(1)」を届出しており、下記の医療機関と共同で管理しています。



独立行政法人国立病院機構 四国こどもとおとなの医療センター
〒765−8507 香川県善通寺市仙遊町2丁目1−1
TEL:0877-62-1000

当病院について

お問い合わせ・連絡先