神経科/精神科(心療内科)

【診療内容】

近年、精神疾患患者は増加傾向にあり、疾患別では特に、うつ病や認知症が著しく増加しています。 当院ではそういった社会情勢を受け、幅広い精神疾患に対応しており、MRI検査、SPECT検査(脳血流検査)といった詳しい画像診断も可能であるため、安心して医療を受けていただけます。 平成25年からは認知症疾患医療センターを開設し、外来通院での精査だけではなく、詳細な認知症鑑別のための検査入院も実施できる環境を整えており、認知症医療に広く対応しています。 また教職員対象のメンタルヘルス事業では、個別面談や早期発見に結びつくストレスチェック、職場復帰支援プログラムを実施しています。 当科では多職種間の協力体制が構築されており、カンファレンスを行って情報交換の場を設けたり、定期的な勉強会を開いて個々の知識や技術向上を図り、精神科治療をチーム一丸となって行うことで地域医療に貢献すると共に基幹病院、研修施設として質の高い医療の提供を目指しています。

【検査】

〇デジタル脳波計による脳波検査:認知症、意識障害などの鑑別
〇脳血流シンチ・MRI:認知症の画像診断(アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、レビー小体型認知症など鑑別診断)
〇各種心理検査:認知機能検査などを含めた心理検査、診断や治療のための資料

【治療】

〇外来通院、入院による治療
〇薬物治療
〇修正型電気痙攣療法(ECT)
 難治性うつ病や統合失調症の方を対象に行う治療法
〇医師、心理療法士による精神療法
 ・精神保健指定医による成年後見人制度、障害年金などの診断書、鑑定書作成
 ・ソーシャルワーカーによる社会資源の導入、活用の支援
 ・生活技能訓練(SST)
〇メンタルヘルス事業
 教職員を対象としたメンタルヘルス相談、ストレスチェック、職場復帰プログラム

スタッフ紹介

お問い合わせ・連絡先